高い技術と建築法|松井産業や工務店に頼めばこだわりある住宅が建てられる

松井産業や工務店に頼めばこだわりある住宅が建てられる

つみき

高い技術と建築法

内装

高い技術が生かされます

日本は島国で鎖国政策を選択したことから、独特の文化が花開くようになりました。そうした日本独特の文化は、建築の分野にも存在しています。日本の建築において、重要な要素を占めているのが、地震が多いということです。地震が多いということは、建築物が倒壊し易いということでもあります。そのため日本では、西洋のような石造りではなくて、木造建築が発達することになったのです。そうした日本の木造建築において、最高峰の技術を受け継いでいるのが宮大工になります。宮大工の場合には、寺社などの建築が主な仕事です。しかし宮大工は寺社以外にも、戸建ての住宅も手掛けることがあります。もちろん戸建てを手掛けても、先述の高い技術が生かされるのです。したがって戸建てを建築する際は、宮大工に依頼すると良いものを建てることができます。

日本の気候にマッチします

まず宮大工は、クギやネジを使用しないのを基本にしているので、金属の劣化による老朽化が防げます。例えばネジで固定していると、地震などによって緩みが生じる原因になり易いのです。クギやネジを使用しないということは、木組みで接合することになります。木組みによる接合は技術が高いと、地震の影響を受けても、緩みが出ないようにすることが可能です。さらに宮大工は、日本の気候にマッチした建築法を採用することができます。日本の気候というのは、高温多湿になるという特徴があります。この高温多湿な気候に対して従来の日本の建築法は、いろいろな工夫を施していたのです。このような建築法についても宮大工は得意なので、温度調節のしやすい建物を造ってくれるのです。